お金のツボ|副業・キャッシング情報ブログ

お金について書いていきます。副業やキャッシング方法や知っていて得するお金のことを紹介します。

クレジットカードの審査方法とは!?

先日クレジットカードが便利で利用しやすいと紹介しましたが、クレジットカードを利用するには、審査が必ずあります。

 

審査に通らなければ、クレジットカードを利用することができませんので、注意しましょう。私もクレジットカードに初めて申込した時はどうやって申込したらいいのかがわからんくて困ったという経験をしのをよく覚えています。

 

ここでは、クレジットカードの審査の流れや審査方法についてまとめて紹介していきます。もちろん、申込するクレジットカードの会社によって審査の難易度も内容も違うので、注意しましょう。

 

あくまでも、一般的な審査の内容や審査方法について紹介していきます。

 

クレジットカード審査の流れ

①クレジットカードへ申込

クレジットカードの審査を受けるには当たり前ですが、入会の申込が必要です。最近はこの入会申し込みで審査の結果に影響するようなので、記入や入力には注意しましょう。

 

※クレジットカードの申し込みは最近はネットでも可能です。ネット申込の場合は、郵送などの作業が少し省かれることも多いので、急ぎでクレジットカードを発行したい人は、ネットの申込をおすすめします。

 

②申込内容の確認(信用照会など)

申込の内容にあやまりがないのかを、クレジットカードの会社が入念にチェックしていきます。その中で、信用情報の確認はぜったいにあります。信用情報は、過去の金融関係での事故がないのかを確認するためのもので、例えば携帯ダイヤカードローンなどの返済に遅延があったり、返済ができていない場合だと信用情報に木津が付いている恐れがあります。

 

そういった、金銭でのトラブルが過去にないのかを確認し、問題なければ審査に通ります。

 

クレジットカード審査に必要な条件ってなに!?

クレジットカードの審査で重要とされているものについてを紹介していきます。クレジットカードを利用するうえで、必要なものは、支払い能力と金融での延滞履歴あとは勤務先での金属年数なのが重要です。

 

あたりまえなのですが、クレジットカード会社は利用してもらっても、返済できなければ、あとで、遅延の連絡をしたりと大変ですよね。

 

定期的に収入がなければ返済が難しくなるので、勤続年数や働いていることは重要です。なので、審査の中には、クレジットカードの会社にもよりますが、あなたが実際に勤務しているのかを確認するために、在籍確認を行います。

 

クレジットカードを申込するなら、抑えておきたい3つの条件

①金融事故などがない!延滞など

②安定した収入があること

③勤続年数や住居年数が1年以上あること

 

この3つは抑えておきましょう。私はかつて、クレジットカードに申込して落ちたことがあります。その当時は学生ということも、原因の1つだったのかもしれませんが、クレジットカードの審査に落ちてしまいました。

 

すごくショックでした。審査に落ちたくない人は、この条件は最低限抑えておきましょう。

 

クレジットカードやカードローンあどにある審査はほとんどがスコアリングシステムで審査をしている。

 

クレジットカードやカードローンの審査のほとんどはスコアリング審査をしています。スコアリングシステムがどんなものかというと、収入や入居先や勤続年数などあらゆる条件を点数にしてある一定の点数を達した場合審査に通過できるようなシステムです。

 

イメージ的には収入が年収200万円の人だと2点、勤続年数が10年以上だと5点など点数をつけて20点以上あれば審査クリアーといった感じで審査していきます。

 

ただ、勤続年数が1年以内の場合は、点数が0で、各項目で1点以上ないと審査クリアーができないということもあるようです。この条件は申込した会社によって違うので、注意してください。

 

以上がクレジットカードの審査についてです。申込する前は、必ず確認しておきましょう。

 

ブログ ランキング参加中!


全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村