お金のツボ|副業・キャッシング情報ブログ

お金について書いていきます。副業やキャッシング方法や知っていて得するお金のことを紹介します。

不動産投資を考えている人はマンション経営セミナーへ【資産運用】

昨日は不動産投資について記事を書きましたが、今日も引き続きマンション投資の話について書いていこうと思います。

 

マンション投資は、資産を運用するうえでも、人気な方法ですよね。今日は不動産投資の中でも、人気の高いマンション投資について調べてみました。

 

マンション投資と言ってもいくつか種類があるようです。現物不動産投資・小口化不動産投資・証券化不動産投資3つがあるようです。

 

現物不動産投資

現物投資とは、自分のお金でマンションを購入して、購入したマンションやアパートのオーナーになり、賃料収入を得る方法です。この方法が1番オーソドックスな方法と言えるでしょう。

 

小口化不動産投資

小口不動産投資は大きな不動産を個人が購入できないときに利用する方法です。例えば10億円のマンションに投資したい場合やその不動産を売りたい不動産会社が小口化不動産にして、小口で不動産を小口で不動産に投資する方法です。

 

証券化不動産投資

証券化不動産投資に関しては不動産投資を少額で始めるならこの方法がいいかもしれません。不動産の投資信託のようなものとイメージしてもらえれば良いと思います。

 

以上が投資方法ですが、不動産を持っている場合にかかる費用について調べてみました。

①建物消費税

土地自体には消費税はかからないみたいですが、売り主売り主が課税業者の場合は建物相当分に消費税8%が課税されるようです。買う前に必ず確かめておきましょう。

 

②仲介手数料

マンションを賃貸にする場合は物件をあっせんしてくれる業者がいますよね。あっせんしてくれた行差にはその物件に対しての仲介手数料を支払わないといけません。

 

印紙税

土地や家など大きな買い物をする場合は、売買契約書をかわします。その場合に、契約書には印紙が必ず必要になります。その場合にもお金が発生してしまいます。

 

④不動産登記費用

不動産を登記をしないといけません。購入した投資用物件の所有権を移転するために必要な費用を不動産登記費用と言います。

 

⑤ローン事務手数料

住宅ローンを申込する際の事務手数料です

 

団体信用生命保険

上のローンと同様でローンに入っていなければ関係ないものです。住宅ローンを組んだオーナーが脂肪や高度障害になった場合にローンの残責務を一括返済してくれる保険のこと

 

⑦火災保険

購入した物件が火事になった場合に保証する保険です。加入しなくてもよいですが、地域や保健機関によって異なるようです。

 

⑧不動産取得税

不動産を所得した場合にかかる税金です。

 

⑨固定資産税

毎年1年に一度所得者に課税されます。

 

以上の9つが不動産購入の時にかかるお金です結構多いですね。

 

他にも、投資にも中古のマンション投資やアパート投資新築のマンションの投資など種類は様々です。

 

もし、興味がある人は、マンション経営がわからない人のための無料経営セミナーを見つけたので、申込してみましょう。

 

わからないことを聞くこともできますし、メリットデメリットをしっかり確認することができます。

 

失敗しない、初心者向けマンション経営セミナー【リアネスト】

 

ブログ ランキング参加中!


全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村