読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金のツボ|副業・キャッシング情報ブログ

お金について書いていきます。副業やキャッシング方法や知っていて得するお金のことを紹介します。

日本人の世帯平均貯蓄額がすごかった。。。

こちらは平成29年5月16日に総務省統計局が公表した日本の世帯平均額について紹介していきます。先日はマイナス金利について記事を書きましたが、なんで、マイナス金利にする必要があるのかを、今回は記事にしてまとめてみました。

 

一番の理由は日本の平均貯蓄額です。現在日本の貯蓄額は4年連続で増加しています。2人以上の世帯における2016年平均の1世帯当たりの貯蓄現在高(平均値)は1820万円です。

 

 

これってかなりすごいですよね。1820万円が平均ってことは、5000万円を貯蓄している人は結構いることになりますよね。

 

総務省の資料をみるとさらに、興味深いことがわかりました。それは、貯蓄の平均値が1820万円を下回る世帯についてです。

 

1820万円を下回る世帯は世帯の67.7%のようです。去年は68.0%でした。つまり、平均である1820万円を超える人は30%程度しかいないんです。

 

そう考えると日本って意外と貧富の差が出てきていると思ったのは私だけでしょうか?

 

まぁー30%の人がものすごい金額を貯蓄していることがわかれば政府もお金を使ってもらうようにマイナス金利などの政策をたてますよね。

 

逆に、2500万円以上貯蓄している人は、税金を払わないといけないというものを作ればどうなんですかね?でも、そういった人って住民税とか所得税をたくさん払ってるみたいなんで、日本を離れてお金がかからないところに行ってしまいますよね。

 

政策を考えるのってむずかしいですね。

 

貯蓄の振り分けについて

ちなみに、貯蓄の振り分けは定期預金が439万円で割合が33.8%です。そして次が通貨性預金が339万円が26.1%生命保険などが314万円で24.2%有価証券が149万円で11.5%そして金融機関がいが59万円で4.5%となっているようです。

 

すこし、パーセントにしてもわりにくいですね。

 

ただ、生命保険や証券なども、貯蓄に入っているようですね。ちなみに、60歳以上の家庭の場合は2385万円が平均貯蓄額になるようです、年を取ればとるほど、結構貯金しているみたいですね。

 

私も、1820万円貯金できるようにします!!

 

みなさんも頑張りましょう!あしたは、貯金のための副業についてなにか書いていこうと思います。

 

参考*統計局ホームページ/家計調査(貯蓄・負債編) 調査結果

 

ブログ ランキング参加中!


全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村