お金のツボ|副業・キャッシング情報ブログ

お金について書いていきます。副業やキャッシング方法や知っていて得するお金のことを紹介します。

治験のバイトについて調べてみた。

まず、治験について紹介しておきます。風邪薬などの医療で使う薬を人体的に悪影響がないのかを実験するためのものです。

 

世の中に出る前の最終確認をするのが治験です。そう聞くと、かなりリスクがあるのでは?と思う人も多いと思いますが、人体実験をいきなりするわけではなく、いろんな動物で試したあとに、治験を行う場合が多いですし、治験の内容によって報酬はもちろんちがいます。

 

まずは、治験の開始までの流れを紹介していきます。

1会員登録

2説明会の参加

3健康診断受診・合否判定

4治験の参加

 

という流れです。ひとつ注意しておきたいのが、この治験の詐欺があるみたいなので、応募する場合は注意しておきましょう。

 

※治験参加や登録にお金を請求されることはありません、もし登録にお金がかかるところがあれば、登録は別のところにすることをおすすめします。

 

登録すれば、健康診断を行い健康診断の結果で合格か不合格かを調べます。

 

また、治験は1度受けると3か月から4か月は受けることができないようなので、注意しましょう。

 

治験の3つの条件!

20~40歳の成人であること

BMIが18~24の範囲内であること

ビリルビンが2.0mg・dl未満であること

 

調べる前は、治験を受けることにより、病院食を食べることができて、健康的な時間にご飯を食べることができるのはダイエットもできてお金がもらえるなんて魅力と思っていましたが、肥満の人は参加が難しいようですね。

 

治験の給与平均

受ける治験の内容によって報酬は違うので、ここで紹介するのは、あくまでも、平均です。通院するタイプと入院するタイプがあります。

 

・通院の場合は8000円~12000円

・入院の場合は15000円~20000円

が1日あたりあるようです。さらに、交通費は別途支給してくれるようです。さらに、1年で20万円以下の報酬の場合は税金もかからないみたいなので、かなりおいしいですね。

 

健康診断を受けたいけど、お金がという人には、うれしいですが、治験はあくまでも、ボランティアです。報酬は結構ありますが、ボランティアということは忘れてはいけません。

 

ここはしっかりと覚えておきましょう。その割には報酬が高いですが、その分デメリットももちろんあります。

 

治験のデメリット!

薬の検査なので、副作用が発生してしまうこともあります。もちろん、体の状況をすぐに確認できるように、医師がちゃんといるので、安心してください。

 

もし、副作用が出た場合は製薬会社が保証もしてくれます。入院した場合は医療手当がでますし、もし、働けなくなった場合は休業補償金もでるようです。

 

心配な人はサプリメントの治験かジェネリック医療品の治験が良いかもしれません。ただ、受ける以上はリスクは常に考えておきましょう。

 

また、人体の影響がないのかを常に調べるために、採血を1日に何回もするようです。注射が苦手な人にはあまり、おすすめできませんね。

 

また、食事制限もあるので、朝食を抜いたりすることもありますし、食事自体健康的な食事なので、病院食がでるので、入院中の食事はあまり期待しないほうが良いかもしれません。

 

以上が、治験でのメリットデメリットですが、基本的には、採血とサプリや薬を飲んでいるだけで1万円や2万円が支給されるので、おいしいといえばおいしいバイトですね。

 

治験に関してはいろんな種類があるみたいなので、今後また、詳しく紹介していきます。 


全般ランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村