読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金のツボ|副業・キャッシング情報ブログ

お金について書いていきます。副業やキャッシング方法や知っていて得するお金のことを紹介します。

クレジットカードの審査方法とは!?

先日クレジットカードが便利で利用しやすいと紹介しましたが、クレジットカードを利用するには、審査が必ずあります。

 

審査に通らなければ、クレジットカードを利用することができませんので、注意しましょう。私もクレジットカードに初めて申込した時はどうやって申込したらいいのかがわからんくて困ったという経験をしのをよく覚えています。

 

ここでは、クレジットカードの審査の流れや審査方法についてまとめて紹介していきます。もちろん、申込するクレジットカードの会社によって審査の難易度も内容も違うので、注意しましょう。

 

あくまでも、一般的な審査の内容や審査方法について紹介していきます。

 

クレジットカード審査の流れ

①クレジットカードへ申込

クレジットカードの審査を受けるには当たり前ですが、入会の申込が必要です。最近はこの入会申し込みで審査の結果に影響するようなので、記入や入力には注意しましょう。

 

※クレジットカードの申し込みは最近はネットでも可能です。ネット申込の場合は、郵送などの作業が少し省かれることも多いので、急ぎでクレジットカードを発行したい人は、ネットの申込をおすすめします。

 

②申込内容の確認(信用照会など)

申込の内容にあやまりがないのかを、クレジットカードの会社が入念にチェックしていきます。その中で、信用情報の確認はぜったいにあります。信用情報は、過去の金融関係での事故がないのかを確認するためのもので、例えば携帯ダイヤカードローンなどの返済に遅延があったり、返済ができていない場合だと信用情報に木津が付いている恐れがあります。

 

そういった、金銭でのトラブルが過去にないのかを確認し、問題なければ審査に通ります。

 

クレジットカード審査に必要な条件ってなに!?

クレジットカードの審査で重要とされているものについてを紹介していきます。クレジットカードを利用するうえで、必要なものは、支払い能力と金融での延滞履歴あとは勤務先での金属年数なのが重要です。

 

あたりまえなのですが、クレジットカード会社は利用してもらっても、返済できなければ、あとで、遅延の連絡をしたりと大変ですよね。

 

定期的に収入がなければ返済が難しくなるので、勤続年数や働いていることは重要です。なので、審査の中には、クレジットカードの会社にもよりますが、あなたが実際に勤務しているのかを確認するために、在籍確認を行います。

 

クレジットカードを申込するなら、抑えておきたい3つの条件

①金融事故などがない!延滞など

②安定した収入があること

③勤続年数や住居年数が1年以上あること

 

この3つは抑えておきましょう。私はかつて、クレジットカードに申込して落ちたことがあります。その当時は学生ということも、原因の1つだったのかもしれませんが、クレジットカードの審査に落ちてしまいました。

 

すごくショックでした。審査に落ちたくない人は、この条件は最低限抑えておきましょう。

 

クレジットカードやカードローンあどにある審査はほとんどがスコアリングシステムで審査をしている。

 

クレジットカードやカードローンの審査のほとんどはスコアリング審査をしています。スコアリングシステムがどんなものかというと、収入や入居先や勤続年数などあらゆる条件を点数にしてある一定の点数を達した場合審査に通過できるようなシステムです。

 

イメージ的には収入が年収200万円の人だと2点、勤続年数が10年以上だと5点など点数をつけて20点以上あれば審査クリアーといった感じで審査していきます。

 

ただ、勤続年数が1年以内の場合は、点数が0で、各項目で1点以上ないと審査クリアーができないということもあるようです。この条件は申込した会社によって違うので、注意してください。

 

以上がクレジットカードの審査についてです。申込する前は、必ず確認しておきましょう。

 

ブログ ランキング参加中!


全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

クレジットカードについて【節約術!】

今日はクレジットカードについて紹介していきます。みなさんはクレジットカードを利用したことはありますか?

 

または、クレジットカードを持っていますか?先日楽天カードについて紹介していきましたが、クレジットカードって使えばすごく便利でお得なものって知っていましたか?

 

cyasshing.hatenablog.com

 

実をいうと私は、両親にクレジットカードを使うことを止められていました。最近いろいろ調べてみるとクレジットカードがすごい便利で結構節約にもなることを知りました。

 

ただ、確かに、クレジットカードは私の両親がいうように危ないものでもあります。まぁどんなものでも、使い方を間違えると危険なものになってしまいますよね。

 

例えば、火だったり包丁だったりって使い方を間違えると大変です。クレジットカードは便利がゆえに誤った使い方をすると大変なことになります。

 

クレジットカードの注意すべき3つの点を紹介!

・クレジットカードを利用するなら、絶対に一括払いをしましょう!

・リボ払いは絶対にダメ

・使い過ぎに注意!月に決められたお金のみに利用しよう!

 

クレジットカードを使うならリボ払はやめましょう。リボ払いが危ない理由は知らないうちに借金が増えていくことです。

 

リボ払いは月の支払いを抑えて分割で払うことができますという内容のものなんですが、リボ払いをしすぎると、どんどんどんどん、借金が溜まっていきます。

 

例えば、リボ払いで月5000円ずつ支払っていた場合で残り30万円があった場合金利が18.0%の場合だと元本は500円ほどしか減りません。毎月たくさん払ってるのに、元本はぜんぜん減らないって悲しくないですか?

 

リボ払いはそういった仕組みになっています。金利は利用するカードによって変わると思いますが、基本的には18.0%のところが多いので、消費者金融などのカードローンの金利と変わらないのです。

 

クレジットカードがよくないというのは、こういったリボ払いを利用して、借金をつくってしまっうケースが多いからなんですね。

 

でも、クレジットカードってそういうマイナスな点もありまずが、良いところもたくさんあります。例えば楽天カードなんかだったら、楽天ポイントが利用した分ついてくるサービスがあります。

 

ポイントはもちろん利用することができるので、おいしものを通販してもよいですよね。夏からはそのポイントで、投資信託ができるようにもなるようです。

 

またまたクレジットカードが一つ便利になったという感じがしますが、楽天カード以外にもANAJALなどのクレジットカードを利用してマイルをためて、そのマイルを使ってハワイ旅行ということもできるんですよ。

 

月の光熱費や生命保険の支払いをすべてクレジットカードで支払えばかなりの金額が、ポイントやマイルにかわりますよね。払い方を変えるだけで、これだけの特典がつくので、クレジットカードは利用してみてはどうでしょうか?

 

また、海外旅行に行った場合クレジットカードの会社によっては海外での保険サービスを利用することもできますし、アメックスなどのクレジットカードを利用した場合は、ビジネスクラス以上しか利用ができない国際ラウンジを利用ができたり、席が空いていれば、一つ上のランクの席に変えてくれることもあるようです。

 

いろいろ便利ですね。各クレジットカードによって特典が違いますので、また、各クレジットカード別で記事を書いておきますので、参考にしてください。

 

とりあえず、気軽に入りたいという方は、楽天カードがおすすめです。楽天なら、だいたいのものを取り扱っているので、ポイントをためてすきなブランドやかにやお肉などためたポイントで贅沢してみてくださいw 

 ◎→ 楽天カード 期間限定 新規入会キャンペーン実施中!

 

ブログ ランキング参加中!


全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

不動産投資を考えている人はマンション経営セミナーへ【資産運用】

昨日は不動産投資について記事を書きましたが、今日も引き続きマンション投資の話について書いていこうと思います。

 

マンション投資は、資産を運用するうえでも、人気な方法ですよね。今日は不動産投資の中でも、人気の高いマンション投資について調べてみました。

 

マンション投資と言ってもいくつか種類があるようです。現物不動産投資・小口化不動産投資・証券化不動産投資3つがあるようです。

 

現物不動産投資

現物投資とは、自分のお金でマンションを購入して、購入したマンションやアパートのオーナーになり、賃料収入を得る方法です。この方法が1番オーソドックスな方法と言えるでしょう。

 

小口化不動産投資

小口不動産投資は大きな不動産を個人が購入できないときに利用する方法です。例えば10億円のマンションに投資したい場合やその不動産を売りたい不動産会社が小口化不動産にして、小口で不動産を小口で不動産に投資する方法です。

 

証券化不動産投資

証券化不動産投資に関しては不動産投資を少額で始めるならこの方法がいいかもしれません。不動産の投資信託のようなものとイメージしてもらえれば良いと思います。

 

以上が投資方法ですが、不動産を持っている場合にかかる費用について調べてみました。

①建物消費税

土地自体には消費税はかからないみたいですが、売り主売り主が課税業者の場合は建物相当分に消費税8%が課税されるようです。買う前に必ず確かめておきましょう。

 

②仲介手数料

マンションを賃貸にする場合は物件をあっせんしてくれる業者がいますよね。あっせんしてくれた行差にはその物件に対しての仲介手数料を支払わないといけません。

 

印紙税

土地や家など大きな買い物をする場合は、売買契約書をかわします。その場合に、契約書には印紙が必ず必要になります。その場合にもお金が発生してしまいます。

 

④不動産登記費用

不動産を登記をしないといけません。購入した投資用物件の所有権を移転するために必要な費用を不動産登記費用と言います。

 

⑤ローン事務手数料

住宅ローンを申込する際の事務手数料です

 

団体信用生命保険

上のローンと同様でローンに入っていなければ関係ないものです。住宅ローンを組んだオーナーが脂肪や高度障害になった場合にローンの残責務を一括返済してくれる保険のこと

 

⑦火災保険

購入した物件が火事になった場合に保証する保険です。加入しなくてもよいですが、地域や保健機関によって異なるようです。

 

⑧不動産取得税

不動産を所得した場合にかかる税金です。

 

⑨固定資産税

毎年1年に一度所得者に課税されます。

 

以上の9つが不動産購入の時にかかるお金です結構多いですね。

 

他にも、投資にも中古のマンション投資やアパート投資新築のマンションの投資など種類は様々です。

 

もし、興味がある人は、マンション経営がわからない人のための無料経営セミナーを見つけたので、申込してみましょう。

 

わからないことを聞くこともできますし、メリットデメリットをしっかり確認することができます。

 

失敗しない、初心者向けマンション経営セミナー【リアネスト】

 

ブログ ランキング参加中!


全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

マンション投資について【資産運用】

お金を貯めるためにも、常に資産運用について考えている人っていると思いますけど、実際、お金を稼ぐのって本当に大変ですよね。

 

日々の生活をするために本業である仕事と副業の両立ってむずかしいですよね。そんな人には、株や投資信託もしくはマンション投資をおすすめします。

 

株や投資信託そしてマンション投資は長期の保有をすることにより、お金を運用していくものです。ただ、株や投資信託は景気に左右されるため、投資のためのお金がすべてなくなる可能性もあります。

 

その点マンションなどの不動産投資は株や投資信託に比べるとリスクが少ないので、いいかなと思ってマンション投資について調べてみました。

 

マンション投資のメリット

・マンション投資のメリットは自分の資産が増える。

・特別なスキルは必要ありません

・生命保険の代わりにすることもできる

・利回りが高い

 

マンション投資のデメリット

・空室だと利益が見込めない

・ローン返済の場合金利が上昇することも

・老朽化や火災などのメンテナンスが必須

・入居者とのトラブル

 

以上がメリットとデメリットでした、利回りが高いし、お金さえあればだれでも始めることができるのは、魅力的ですね。

 

マンション投資でも、ワンルームマンションやファミリー用マンションでリスクやメリットは変わってくるみたいです。

 

またそのことについては、別の日に記事を書こうと思います。マンションの投資について調べて思ったのは、自分でマンションを買って家族や友達など信用できる人に貸せば、リスクもすくなく、利用できるなと思いました。

 

使い方次第ですね。

 

ブログ ランキング参加中!


全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

もし!金融機関がだめになったらどうなる!?【資産運用の危機!?】

もしも、金融機関がつぶれてしまったら、どうなるのかを調べてみました。これだと少しざっくりしていますが、自分が利用している銀行や保険会社がつぶれたらという話です。

 

そんなことは、絶対にないっという人もいると思いますが、少し前に、ギリシャが破たんしましたよね。国がつぶれるわけですから、銀行や保険会社がつぶれることだって十分にありえます。

 

もし、あなたの全財産を預けた銀行がつぶれてしまったら、あなたはどうしますか?私は、不安になったので、調べてみました。ここでは、調べた内容について紹介していきます。そして、どのように対策すればいいのかもまとめます。

 

銀行にも保険会社にもセーフティーネットがあります

まず、1つ安心しておいてほしいのが、セーフティーネットはありました。銀行がつぶれたからといってお金がすぐになくなるということは、まずありません。これは、預金保険制度という名前で元本の1000万円と利息分までは保証してくれる制度です。

 

1000万円以下の場合でも、1000万円は保証されます。でも、もし2000万円預けていた場合は、1000万円はかえってきますが、もう1000万円はかえってきません。

 

その対策は利息の付かない当座預金にお金を預けておくこと、もしくは2000万円を別々にしてAの銀行に1000万円Bの銀行に1000万円と分ける方法もOKです。

 

これなら、もし、万が一、銀行がつぶれたとしても、預けたお金は保証されます。

 

生命保険でも、つぶれた場合は、お金がかえってきますが、すべて返ってくることはありません。生命保険の場合は積立金の原則90%までが保証されるようです。

 

もし、1000万円を預けていたら100万円は返ってこないということになります。ほかにも、契約の条件が変更されて保険金が全額カットということもあるので、生命保険をメインで貯蓄している人は十分に注意しておきましょう。

 

銀行や生命保険が破たんする場合を見越して取らないといけない対策とは?

貯蓄する場合は、いつなにが起こるかわからないので、リスクの分散をすることをおすすめします。特に、生命保険などは、つぶれてしまったときは、なかなかお金がかえって来ない上に、10%もかっとされる場合があります。

 

積み立てれば利率が付くうえに、死亡した場合もお金がもらえるという画期的な終身保険ですが、生命保険会社がつぶれてしまっては、もともこもありません。

 

生命保険で貯蓄している友人が私の周りに結構いますが、今後のことを考えるなら、当座預金で貯蓄もしておくことをおすすめします。

 

少しでも、リスク分散してもしもの時に困らないように対策を立てておきましょう。

ブログ ランキング参加中!


全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

117万円おごらせた先輩警官の話【お金について考えよう】

117万円をおごらせた警官が捕まった事件をみて思ったこと、お金の付き合いかたって難しいですよね。

 

ちなみに、今回問題となった二人は半年の停職処分でしたが18日付で以来退職したようです。

 

職場の地位を利用して「授業料だ」「甘えていいか」など言ってキャバクラなどの飲食代を後輩の警察官6人におごらせていたようです。

 

それだけではなく、仲間の印ということで3万円する時計を無理やり購入させるなど、自分の権限をフルに使っていたようです。

 

おごらせるのも、ひどいですけど、もっとひどいのが、自分の権力をつかって、自分の交際女性の前科前歴を不正に参照させたりしていたようです。

 

こんな人が一人でるだけで警察の信用ってすごく落ちてしまいますよね。

 

付き合いなどでお金を使うことって絶対にあると思いますが、今一度そのお金についてしっかり考えて使いましょう。

 

ブログ ランキング参加中!


全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

福岡3億8000万円強盗事件車を押収!

以前このブログでも記事にしました、3億8000万円の強盗事件に少し動きがありました。

 

現金3億8000万円を強盗したときに使われていたと思われる車を押収したことがわかりました。ただし、車の中には奪われた現金が入ったケースは残念ながらなかったうようです。

 

現在県警では、犯人につながる証拠がないかを調べている模様です。それにしても、1ヶ月前の事件でようやく車をみつけたのかっと私は思ってしまったんですが、この事件の犯人は相当用意周到ですね。

 

このままだと平成の3億円事件にもなりかねませんね。

 

 

今のところ分かっているのは強盗被害にあった男性が18日から金塊買い付けのために福岡市に来ていたことを知っている人物が犯行にかかわったのではないかと警察は考えているようです。

 

今のところ犯人は3人と言われていますが、3人のほかにも複数の人間が犯行にかかわっているとみているようです。

 

ブログ ランキング参加中!


全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村